EditRegion3

車庫・カーポート・ガレージリフォーム   はじめてリフォーム 知りたいコトがココにある

洗車も面倒だしそろそろカーポートを」、「新車に買い換えたこの際に」などなど、カースペースに際するリフォームのきっかけはご家庭ごとに異なります。
でも、「失敗したくない」という気持ちは同じはず。そのためには、まずごく基本的な知識を得ておおまかなリフォーム計画を立てましょう。ここではカースペースについて基本的な情報を提供します。

カースペースのアイデア

やはりカーポートがカンタン便利。

だいたいどこのご家庭でも新築時には、どこに車を置くかは決められています。あらかじめ車庫を用意されたり、敷地を有効利用するためビルドインガレージにされるご家庭から、ゆくゆくは二台置きを想定してオープン外構にされているご家庭までさまざま。リフォームという見地からカースペースを考えたとき、敷地に余裕があるから車庫をというご家庭や、ビルドインガレージにリフォームするという大胆な発想はさておき、やはりカーポートの設置に辿り着きます。

カーポート例1
4隅に柱があるカーポート。柱の位置決めが大切です。
カーポート例2
最もポピュラーな片流れカーポート。お値段もリーズナブルです。 
カーポート例3
積雪地や風の強い地域には折板タイプがお勧め。日差しも取り入れられるタイプもあります。
ページトップへ

カーポートと門扉をセットで考える

セキュリティや損傷のリスクから見ても門扉は検討する価値があります。意匠的にも家に風格を与えてくれます。
リモコンで操作できるタイプは雨の日でも濡れることなく乗り降りできて便利です。

カーポート例1
跳ね上げタイプ。間口を有効に活用できます。
カーポート例2
ワンボックスカーなど高さのあるクルマをお持ちならこちらがお勧め。
カーポート例3
意匠性にすぐれた横開きのゲート
ページトップへ

カーポートの意外なつかい方

スペースに余裕があれば、少し大きめのカーポートはいかがでしょう。車のためだけじゃなく意外なつかい方が見つかることもありますよ。

物干しに
憩いの場に
太陽光発電パネルを置いて
少し大きめのカーポートで自転車も置ける
ページトップへ

リフォーム計画の立て方

満足リフォームのコツは、お客さまとリフォーム店との共感

古いを新しいに、不便を便利に、確かにリフォームのきっかけではあるかも知れません。でも、ただ単に新しく便利になればそれで満足できるでしょうか。リフォームは、皆さまがイメージする新しい生活シーンを叶えるという目的とともに、現在抱えている住まいの不満、場合によっては暮らしの不満を解消するという役目も担っています。 そのため、リフォーム店はお客さまの普段の生活を知ろうと心掛けます。お客さまが自らの姿をしっかりとリフォーム店に伝え、リフォーム店がそれをしっかりと受け止めたなら、共感という満足リフォームの苗が芽生えます。 どこに頼もうとも、自分たちのことをしっかりと伝えられる事前準備を行いましょう。

現状の悩みをチェック
現状のカースペースで不安を感じることや悩んでいることを再確認します。
あわせて自転車やバイク・スクーターの置き方や悩みについても再確認。
家族の希望をまとめる
不満・悩み解消に加えて、家族全員で完成イメージを話し合います。
そのイメージがリフォームプランの基になります。
希望の理由をまとめる
なぜそのように希望するのかの理由もまとめておきましょう。リフォーム店は、その理由を知ることで、もっと適切で低コストで思いもよらない素晴らしいプランを提案してくれることもあります。
おおまかに予算を組む
工事費用は非常にシビアで難しい問題ですが、いくらかかるのかではなく、いくらまでなら出せるのかを計算し、費用の上限を決めておきましょう。
※工事費用は、機器のグレードやオプション、住まいの現状によって大きく異なるため、いちがいにどのくらいかかるのかをここでお伝えすることができません。
リフォーム店を探す
準備が整ったら、リフォーム店探し。
LIXILリフォームネットの「リフォーム店を探す」へGO
ページトップへ