リフォームの依頼先選び「契約の注意点」

契約は必ず書面で交わしましょう

きちんとしたリフォーム会社なら契約を口約束ですませることはありません。ちゃんと契約書を交わします。契約書に書かれるのは、契約代金やその支払い方法について。また、契約に関連する細かい取り決めを記した契約約款もついてきます。約款には、火災など不可抗力による損害負担や工期が延びたときの違約金などについての取り決めもありますから、よく読んでおきましょう。

仕様・設計内容を最終的にチェックしましょう

プランニングの途中で変更を要望したことが、最終的な設計図に反映されていないことがあります。そのまま工事に入るとトラブルの原因となりますので契約前によく注意して設計図を見て、説明を受けておきましょう。また、希望した設備や建材が見積もりにきちんと含まれているかも確認が必要です。書類の段階でしっかりチェックをしておけば、工事中にあわてることもありません。

PAGE TOP