キッチン関連機器「浄水器・整水器の機能と選び方」

浄水器は、アンダーシンク型か水栓一体型が人気

安全性が高い日本の水ですが、それでも水道水は「あまりおいしくない」という声が聞かれます。かといって、毎日ミネラルウォーターを買いに行くのは手間もお金もかかります。そこで最近は、浄水器を取り付ける方が増えてきました。浄水器を使うと、水道水に含まれる残留塩素やカルキ臭、サビ、細菌を除いたり減らしたりして、より安全で美味しい水に変えることができます。
ご家庭で使う浄水器には、取り付け方によって、蛇口に直接付けるタイプ、ポットのような形の浄水器をシンクのまわりに置くタイプ、カートリッジをシンクの下に取り付けるアンダーシンク型、水栓と浄水器が一体化したタイプなどがあります。中でも、新築やリフォームの時には、見た目もスマートなアンダーシンク型が多く用いられます。

<アンダーシンク型>

シンクの下に浄水器本体のカートリッジを設置して、浄水器専用の水栓をシンク近くに取り付けます。より多くの物質を除き、たくさんの浄水を作ることのできる高性能なタイプです。定期的にカートリッジの交換が必要で、交換の時期の目安は12ヶ月ほど。

イメージ イメージ イメージ イメージ

▲左:3層フィルターの清水器(カートリッジ付)と交換用カートリッジ(別売品)。
 右:超微粒子吸着層でおいしい水をつくるシーガルⅣ浄水器(カートリッジ付)と交換用カートリッジ(別売品)。

<水栓一体型>

一般的な水栓金具に浄水機能を一体化させたタイプです。水栓金具がいくつも並ばないので、シンクまわりをすっきりと見せることができるので人気です。水栓のヘッド部分のボタンを押すだけで水道水と浄水、シャワーに切り替わります。カートリッジの交換の目安は、約4ヶ月になります。

イメージ イメージ イメージ

▲オールインワン洗浄栓(カートリッジ1本付)。水の切り替えはヘッド部のレバーでワンタッチ操作。写真右は交換用カートリッジ(別売品)。

整水器ならお料理をよりおいしく

もっと水にこだわりたい、そんな方には整水器がおすすめです。整水器は、水道水を浄化した後、その水を電気分解して、アルカリイオン水と弱酸性の2種類の水を作ります。アルカリ性の水で炊いたご飯はふっくら、お茶は風味よく入れられ、胃腸症状の改善にも効果があるとも言われています。また、酸性の水は、麺を茹でるとコシが引き締まり、野菜洗いにも最適です。通常の浄水も出るので、調理や目的に合わせて3種類の水を使い分けることができます。アンダーシンク型の浄水器と同じように、カートリッジをシンク下に、専用の水栓をシンク近くに取り付けます。

イメージ イメージ

▲料理用整水器(カートリッジ付)と交換用カートリッジ(別売品)。

PAGE TOP