キッチン関連機器「キッチン空間の冷暖房」

床暖房や、エアコンの風が届くプランを

イメージ▲足元温風機。

キッチンは長い時間作業をする場所。部屋の温度は快適に保ちたいものです。最近は建物の気密性や断熱性が高くなり、「冬場どうにも寒くて…」ということも少なくなりました。それでも冷え性の方や1~2月の極寒期に備えて、暖房機器はあったほうが安心です。床暖房や、キッチンセットの下の幅木部分に埋め込む足元温風機などが重宝します。外のあたたかな光が入りやすいように、窓の取り付け方を工夫することも重要なポイントになります。
夏場は、ガスコンロやオーブンなどを使うと温度が上がって暑くなります。火を使わないIHクッキングヒーターでも梅雨から真夏にかけては、暑さや湿気による食品の傷みが気になります。キッチンの壁はキャビネットや冷蔵庫、レンジフードなどでほとんどふさがっていて、エアコンが取り付けにくいため、ダイニングやリビング側のエアコンから、うまく冷気がまわってくるようなプランをおすすめします。

※こちらのページに掲載の記事は、内容によって現在終息した商品を含んでおります。ご了承ください。

PAGE TOP