キッチンのレイアウト「キッチン空間内の導線」

トライアングルで動きの負担をチェック

キッチンの作業の動線をあらわすのにワークトライアングルという考え方があります。これは、シンク、加熱機器、冷蔵庫の中心を3つの頂点とする三角形として見る考え方なのですが、レイアウトによってどれだけキッチン内での動きの負担が変わるのかをチェックするのに非常に便利な手法です。
この三角形の三辺の長さを足したとき、3m60cm~6mなら適切と言われています。これぐらいの範囲ですと、ある作業から別の作業に移るとき、2~3歩で動け、動作の負担が少なくてすみます。これ以上長くなるとその分、動く距離が長くなり、作業を続けていると、適切な距離で動くよりも疲れやすくなります。逆に短かすぎると、しゃがみにくかったり、収納スペースが足りなくなったりするので、あまり短くするのもよくないのです。
このトライアングルはキッチンのレイアウトによって大きく変わります。それを次にご説明しましょう。

イメージ

▲キッチンのワークトライアングル

LDK全体を考えてレイアウトを選びましょう

II型、U字型、L字型は下図のようなトライアングルが形成されます。見た目にもきれいな三角形はシンクと加熱器機を分けたII型とU字型でしょうか。実際、動線の短いのはU字型、II型、L字型の順で、使いやすさや疲れにくさもその順だとされています。
とはいえ、どのレイアウトが一番よいということではなく、キッチンに割けるスペースの違い、他の居室とのつながりをどうするかなどによって、最適なレイアウトが決まってきます。キッチン作業だけではなく、LDK全体のありかたをよくお考えになってレイアウトを選びましょう。また、ご自分の体力や年齢も条件の一つとして考慮することも大切ですね。

イメージ

▲レイアウトとワークトライアングル

PAGE TOP