キッチンのパーツ「収納扉の素材」

光沢の美しい鏡面仕上げの扉材が人気

システムキッチンの扉材は、主に木質系素材でできたボードの表面に天然木や樹脂の板、樹脂のシートを張り合わせてつくられています。メーカーでは扉材別にたくさんのシリーズを用意していて、主には以下のような表面材や表面仕上げがあります。中でも、質感の美しい鏡面仕上げの人気が高いようです。

<天然木>

薄い天然木を張り合わせた突き板や、扉の縁の部分にムク材を使ったものなどがあります。自然素材ならではのナチュラルな色調や風合いが魅力です。

<鏡面仕上げ>

文字通り鏡のようにツヤツヤとした塗装がかけられ、美しい光沢がモダンな感じと高級感をかもし出します。

<クリーン扉>

シリコンコートによる耐汚染処理などがなされ、汚れが落としやすくお手入れが簡単な仕上げです。

リビング・ダイニングとのコーディネイトもポイント

扉カラー・インテリアテイストマップ◆扉カラー・インテリアテイストマップ(※クリックすると画像が拡大表示されます)

色の種類もたくさん揃っています。どんな色にするかで部屋のイメージがずいぶん違ってきますから、こだわりをもって選びたいものですね。とくにオープンキッチンの場合は、リビング・ダイニングとのインテリアの調和を大切にしましょう。
例えば、最近では白をベースにした内装が流行していますが、キッチンの扉材も白にすると、洗練されたさわやかな雰囲気に。鮮やかな色の扉材を選び、リビングのソファや額絵などの小物にも同じ色をもってくると、とてもモダンな印象です。またはウッデイなムードがお好きなら、天然木の扉材と合わせてナチュラルな質感を楽しんでみては。キッチンから思い思いのインテリアのイメージを広げてください。キッチンのショールームには、実物の扉材が展示されています。扉材を選ぶときには、直接、ご自分の目で色や質感を確認してから決めることをおすすめします。

PAGE TOP