リフォームのプランニング「200Vの電気工事が必要な設備機器」

IHクッキングヒーターは200V機器

イメージ

200Vの機器は、私たちがふだん使っている100V機器の2倍の電圧で動きます。それだけパワフルに性能を発揮するわけですね。でも、200V機器は100Vの電源では動きません。IHクッキングヒーターは200V機器ですので、導入する場合は200V機器が使えるように電気配線を行わなければなりません。
最近ではたいていの住宅まで200Vが使える電線(「単相3線式」と言います)が来ています。分電盤のフタを開けてみるとわかりますが、図のように3本の電線が引かれていたらOKです。後は専用の回路を設けて、キッチンセットのところまで配線を行い、200V専用のコンセントを設置すれば、IHクッキングヒーターが使えるようになります。

配線は隠してもらいましょう

新たに200V用の配線をする場合、電線が屋内に見えてしまうと、あまり格好のよいものでありませんね。壁の中や床を通して、電線が露出しないようにキッチンまで配線してもらいたいものです。ただ、これには費用がかかりますので、必ず見積りを依頼しましょう。ときには住宅の構造によって、壁を通せない場合もあります。その場合にはやむなく露出となりますが、モールの中に納めてなるべく目立たないようにしてもらいましょう。

食器洗い乾燥機やオーブンレンジの200V製品も

最近では食器洗い乾燥機やオーブンレンジの200V機器も登場しています。これらを導入する場合は、それぞれに専用の回路とコンセントが必要となりますので、プランニングのときにはっきり要望しておきましょう。
なお分電盤の回路に余裕がない場合は、分電盤を取り替える必要があります。その費用も見込んでおきましょう。

PAGE TOP