キッチンのスタイル「オープンキッチンの特徴とメリット」

リビング・ダイニングと一体化

オープンキッチンとは、キッチンが他の居室と壁などで仕切られていないスタイル。ダイニングと一体化したダイニングキッチンタイプと、リビングも含めてLDKが一体化したLDKワンルームタイプがあります。ダイニングキッチンタイプ、いわゆるDKは、かつて多く見られましたが、最近では少なくなり、近ごろ多いのは、リビング・ダイニングと一体化して、広い空間を楽しむLDKタイプ。キッチンセットは壁付けで設置するか、リビング・ダイニング方向を向いてペニンシュラ型やアイランド型に設置します。後者のように家族のいる方向を向いてキッチンの作業ができるタイプは「対面式」とも言われています。

家族みんなでキッチンのある空間を楽しめる

オープンキッチンは、キッチンも含めて空間がひとつになるので、狭小敷地でも広いLDKができます。また、「調理する」、「食べる」、「くつろぐ」がひとつの空間で行われるため、自然に家族がLDKで顔を合わせる機会が増え、交流しやすいというメリットがあります。ただ、調理中も家族やお客様からの視線をさえぎることができず、ニオイがリビング・ダイニングに流れやすく、音も響きがちになるため、どちらかと言えば、家族や気の合う友人たちとみんなで一緒に調理を楽しんだり、片づけをしたりすることを積極的に楽しむ方に向いたスタイルと言えます。

PAGE TOP