タイプ別おススメキッチン「お掃除がキライです!」

お手入れのしやすい素材や設備機器を選びましょう

システムキッチンのパーツや設備機器には、お掃除がしやすいように作られているものがたくさんあります。そうしたものを選べば、キッチンをキレイにするのもラクになります。それぞれのパーツや設備機器の選び方のコツを考えてみましょう。

ラクにキレイを保ちたい! <素材編>

カウンタートップ

カウンタートップにはステンレスと人造大理石がありますが、ラクにキレイを保ちやすいのはステンレス。もともと水に強く汚れもタワシなどでこすり落とせる丈夫な素材で、最近では表面の傷をより目立たせなくする工夫が凝らされています。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

▲LIXILだけの「スムース ドット エンボス」大小のドット調エンボスでキズが入りにくく、エンボス間が拭きやすくなっています。

壁材

イメージ▲表面加工が施され、さっと拭くだけで汚れを落とせるキッチンパネル「サンウオーレ」。タイルの上からそのまま貼れるので、リフォームにも最適。

キッチンの壁材として専用パネルが商品になっています。目地が少なく表面がつるつるして、汚れがついてもスポンジで簡単に落とせるのでおすすめ。インテリア重視派にはタイル張りの壁も人気ですが、目地のお手入れが必要になりますから、お掃除嫌いの方は避けたほうが無難でしょう。

扉材

イメージ▲お手入れもしやすくデザインやカラーも豊富。写真は「<ピット>シルキーパールシリーズ:シルキーベージュ(高光沢)」

様々な材質や表面仕上げのものがたくさんそろっていて、どれを選んでも安心。すべての扉材にシリコンコートによる処理がなされていて、汚れ落ちがよくなっています。

ラクにキレイを保ちたい! <素材編>

コンロ

ガスコンロなら、トッププレートがガラスのタイプ。拭き掃除がしやすくて人気です。ガスバーナーの中に煮汁が入りにくくしたり、プレートのまわりにフレームをなくして汚れをたまりにくくしたりするなどの配慮もあります。IHクッキングヒーターなら、もともと表面に凹凸がなくサッと拭くだけでキレイになるのでとてもラクです。

  • イメージ
  • イメージ

レンジフード

フードをスリムにして、内部のフィルターをなくしたレンジフードはいかがでしょう。お手入れはパネルの表と裏面を拭き、あとはオイルトレーに溜まった油や水分を処理するだけ。フィルターが目詰まりして吸い込みが悪くなる、そんな悩みから解放されます。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

▲「ラク技クリーンフード(NFVシリーズ)」。(左)整流パネルがフラットなのでお掃除もラク。(中央)パネルの内側もサッと拭けるフラット仕上げ。(右)油の溜まりをチェックできる小窓付き。トレーは簡単に取り外せて洗えます。

シンク

シンクの排水口は、これまでは深くてゴミが詰まりやすいのが難点でした。でも最近では、浅くて凹凸が少なく、ゴミカゴと目皿、カップが設置され、取り外しができるようになっています。このようなところにも注目してキッチンを選ぶと清潔が保ちやすくてうれしいですね。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

▲LIXILだけの「カップイントラップ」。ゴミかごをはずして洗うだけ。 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

水栓金具

イメージ▲ハンドシャワー水栓。洗う力が強いスポット微細シャワーが登場しました。

吐水口がシャワーに切り替えられ、しかもホースを引き出して使えるタイプがおすすめ。ホースが引き出せると、使い終わったシンクを隅々まで水を流しながらお手入れできてとても便利です。

PAGE TOP