タイプ別おススメキッチン「片付けが苦手です!」

独立型よりオープンキッチンのほうがいい!?

片づけが苦手な方、「キッチンを独立型にすれば、散らかってもだれの目にも触れないわ」とお考えではないでしょうか?でもそれでは逆効果かもしれません。片づかないままでは、必要な物が必要な時に手にとれず、お料理の効率は悪くなるいっぽう。加えて、家族とのおしゃべりもしにくいので寂しさを感じてしまいそうです。
かえって開放的なキッチンにしたほうが、多少の緊張感もあって、キレイを保とうと思う方も多いようです。また、キャビネットのどこに何が入っているか家族にもわかりやすいので、片づけを手伝ってもらいやすいのもメリット。完全なオープンスタイルに抵抗があるなら、キッチンセットを対面式にして上部に吊戸棚を付けたり、リビングとの境を軽く壁で間仕切りするなどのセミオープンスタイルにしてみてはいかがでしょうか。

  • イメージ
  • イメージ

▲左:吊戸棚などで、ほどよくリビングとキッチンを隔てています。(写真はI型<ピット>)
右:低い壁を仕切りにしてセミオープンに。(写真は<センテナリオ>ノーザンパステルシリーズ)

便利な収納キャビネットの力を借りましょう

システムキッチンには便利な収納キャビネットやパーツがいっぱい。上手に組み合わせれば、片づけはぐっとラクになります。例えばフロアキャビネットは、最近では引出し式がふつう。奥まで開くので、お鍋からボウル、ザルなどどこに何があるかわかって整理がつきやすく、出し入れもしやすいでしょう。毎回使う包丁やお玉、まな板、布巾などは、引出しの中でかさばらず、取り出しやすいように定位置を決めておきましょう。引出しの厚みやキャビネットのサイドに付ける専用のラックがあるので、ぜひ利用してみてください。

  • イメージ
  • イメージ

▲たっぷり入る収納に加え、「さっと取り出せる」ことが大切。写真は<ピット>の「てきぱきフロア」。取り出しやすさにこだわり、ゆったり使える調理スペースを実現しました。

イメージ▲電子レンジや炊飯器などを1カ所にまとめて隠せる「家電タワー」は、オープンキッチンには必需品です。

思いのほかスペースをとって調理台の上で邪魔になるのが、炊飯器やポットなどの家電。家電専用のキャビネットもあり、コンセントが付いて蒸気を排出できるようになっています。こんな収納をカウンター下などに設置しておくと、キッチンがスッキリします。
電子レンジとオーブンが一体になったコンビネーションレンジをシステムキッチンに組み込むことができます。電子レンジだけ別に置くよりも、省スペースで納まります。レンジとオーブンの機能を別々に使えるほか、両方の機能を一緒に使えば、食品の内側と外側から焼き上げることで調理時間が短くできます。
ガスと電気のタイプがあり、基本的にはガスのコンロか、IHクッキングヒーターに合わせることになります。庫内の大きさは通常約30~35リットルで、ロールパンなら約18個、ローストチキンは一羽丸ごと入れられます。また、水を使った過熱水蒸気システムのウォーターオーブンもあります。余分な脂や塩分を取り除くことができてヘルシーなことから、注目を集めています。

まとめてごっそり入れられる大型収納があると安心

食品のストックや食器などはつい増えてしまいがち。そこで床から天井までの高さのある、大型の壁面収納を取り入れてみてはいかがでしょうか。たくさんのものを整理できて、扉を開ければ何がどこにあるか一目瞭然。中に人が入れるウォークインタイプもあり、急なお客様の時など、とりあえずの一時的なしまい場所としても重宝しそうです。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

▲<センテナリオ>は大収納も特徴のひとつ。アッパーとアンダーをうまく組み合わせて(写真をクリックすると大きく表示されます)。

イメージ イメージ

PAGE TOP