タイプ別おススメキッチン「お料理が得意じゃないんです」

ガスコンロの便利な機能におまかせ!

最近のガスコンロは性能がとてもよくなっていて、便利な機能がいっぱい。お料理は火加減がむずかしくてうまくできない、そんな方の助けになってくれそうです。

揚げ物温度調節機能

「温度調節機能」は、油の温度を一定に保てるので、天ぷらやフライをカリっと揚げることができます。また、「調理機能」は設定した時間がくると自動的に火が消えて、煮込みすぎ、焼きすぎといった失敗がなくなります。レシピ通りに時間をセットすれば、あとは安心です。

無水両面焼きグリル

イメージ▲無水タイプの両面焼きグリル。

魚焼きグリルは「無水両面焼き」のタイプを選んでみてはいかがでしょう。これはトレーに水を張らず、そして魚を裏返さずに両側をこんがり焼けるというものです。手間がかからないよう、焼く時間と焼き加減を自動的にコントロールできるオートグリルタイプはさらに重宝です。

IHヒーターも慣れるとお料理がしやすい

電気の力を使った新しいタイプの調理機器、IHヒーターは、火を使わない安心感やお手入れのしやすさで、取り入れる方がずいぶんと増えてきました。こちらにも便利な機能がいろいろ付いています。

自動温度調節機能

ガスコンロと同じように、温度を自動コントロールする「自動温度調節機能」は、揚げ物など食材に合わせて油温を設定したあとは、火加減の調節はいりません。しかも油が飛び散りにくく、あとの掃除がしやすくて気がラクです。「炊飯機能」もあって、蒸らしまでの火加減を調節し、お米をふっくらとおいしく炊くこともできます。また、弱設定にしておけば、温度も一定で炎の立ち消えを心配することなく煮込み料理ができます。

  • イメージ
  • イメージ

▲ダブルオールメタルのIHヒーター。左右どちらのヒーターでもすべての金属鍋が使えるタイプです。

IHクッキングヒーターのちょっとしたコツ

IHヒーターはガスコンロよりも立ち上がりが早く、お鍋やフライパンがすぐに熱くなりますから、食材の下準備をしてから調理を始めるようにします。また、フライパンはあおらずに前後にゆすったり、2つのヘラを素早く動かして炒めるのがコツ。最初は火を見ながら調節するガスのコンロと勝手が違い、戸惑うかもしれません。でもいったん慣れてしまうと、かえってお料理がしやすくなったと感じる方も多いようです。

PAGE TOP