タイプ別おススメキッチン「台所仕事がきついご高齢の方」

カラダへの負担が少ないキッチンを選びましょう

キッチンでの作業は、歳をとると徐々に疲れを感じやすくなってきます。それでも手作りにこだわっておいしいものをいただきたい、そんな方も多いことでしょう。ここでは、カラダにかかる負担を少しでも減らし、しかも安全性の高いキッチンをつくる方法を考えてみましょう。キッチンは、下ごしらえの時などは座ってできれば作業がグンとラクになります。流しの下の部分に空間があるタイプなら、椅子を置いても大丈夫。またシンク前には「サポートバー」がついていれば、立ち仕事の時に体重をあずけると、足腰にかかる負担が少なくなります(写真参照)。ほかにも、腕をあげる動作がきついため吊戸棚の上のほうを使わなくなってしまった、という声も聞きます。「オートダウンウォール」と呼ばれる吊戸棚なら、バーに優しく触れるだけで自動的に収納庫を上げ下げできるので余計な力をかけずに済み、とても重宝します。

  • イメージ
  • イメージ

▲座りながら作業ができる<ピット>のオープンキッチン。

イメージ イメージ イメージ

▲左:ニースペースキャビネット」。座った姿勢やもたれた姿勢でラクに作業が行える。
中:立ち仕事も体重をあずけるとラクになる「サポートバー」。
右:「オートダウンウォール」。

設備機器は安全性が高く、作業がラクになるものを

1)加熱機器 高齢になるのに備えてコンロを電気式のIHヒーターに替えた、という話もよく聞きます。その理由は、IHヒーターは火を使わないので火の燃え移りや火災の心配が少ないから、というものが断然目立ちます。もちろん、鍋底の温度の上がりすぎやスイッチの切り忘れ防止といった機能も付いて安心。火力が非常に大きく、また表面に凹凸がないので、使うたびにさっとキレイにできるのも魅力です。最初はスイッチの使い方や直火が見えないことに戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえばとても使いやすい、と好評です。

2)レンジフード IHヒーターの場合は、加熱時に火を使わないので周りの温度があまり上昇せず温度差により生じる上昇気流がおきません。そのためレンジフードは、上昇気流をつくって煙を吸い上げるタイプがオススメです。また、IHヒーターに限りませんが、目の高さに設置するタイプ(アイレベルタイプ)なら、パネルに手が届きやすくお手入れの時にムリな姿勢をとらずにすみます。整流パネルのフラットなものなどお手入れの簡単なレンジフードなら作業の負担も軽くなるでしょう。

イメージ イメージ イメージ

▲LIXILからは、「IH用空気清浄システム」つきのキッチンが発売されています。従来のレンジフードがないので、高い位置でのお掃除も不要。見た目にもすっきりです(写真は<ピット>)。

イメージ▲食器洗い乾燥機はフルオープンタイプが便利。

また、ぜひ取り入れたいのが食器洗い乾燥機。手洗いに比べて汚れ落ちが抜群によく、布巾を使わないので衛生的です。食べ終わったら片づけは機械にまかせて、ご家族とおしゃべりしたりテレビを見てのんびり過ごしましょう。

床材には足腰にやさしい素材を選び、暖房器具も用意

イメージ▲足元温風機。

キッチンの床材には、足腰に負担の少ない素材を使いたいもの。例えば木質系のコルクは、弾力性や保温性があるので、歩いた時にソフトで温かな感触があります。値段を抑えたい場合には、クッションフロアがいいでしょう。弾力性があるので疲れにくく、食器を落としても割れにくい床材です。また、冬場の寒さ対策として、床暖房を設置しておくことをおすすめします。エアコンと比べると立ち上がりに時間はかかりますが、いったん温まると足元からほんわりとしてとても快適。実際に腰痛やヒザの痛みが和らいだ、という声もあるほどです。より簡単に使える暖房機に、つま先でオン・オフできる足元温風機もあります。

※こちらのページに掲載の記事は、内容によって現在終息した商品を含んでおります。ご了承ください。

PAGE TOP