タイプ別おススメキッチン「子育て真っ最中のママさん!」

お子さまの様子が見守れる対面式キッチンがおすすめ

イメージ▲対面カウンター付きキッチン(写真は<ピット>センターキッチン・テーブルタイプ ペニンシュラI型)。

小さいお子さまがいて常に目が離せない、今は子供中心の生活、そんな忙しいママたちに使いやすいキッチンをご紹介しましょう。
キッチンのスタイルは、リビングやダイニングにいるお子さまの様子がよく見えて、お互いに声をかけあいやすい対面式がぴったりです。反対に、こもりがちな独立型やお子さまに背中を向ける壁付けは、少し使いにくさを感じます。さらに、対面カウンターは広めがおすすめ。お子さまが成長するにつれてお手伝いをしたがるのと、小学生でも低学年のうちは宿題をするのもママのそばを好むことが多いからです。広いカウンターは作業台にも勉強コーナーにも、フレキシブルに使うことができるのです。

コンロや家電は安全な位置に

イメージ▲IHヒーター。

キッチンの安全性にも配慮したいもの。なんといっても火や熱い鍋を扱う場所です。コンロは通路の奥のほうに配置し、できるだけ火の前をお子さまが通らなくてもすむようにします。炊飯器やコーヒーメーカーなどの家電も熱い蒸気が出ますから、専用ワゴンなどにのせて使う場合は、安全な位置に置きます。また最近は、火を使わないIHクッキングヒーターは、子育て中のママたちにも支持されています。

食器洗い乾燥機の衛生面にも注目を

イメージ▲食器洗い乾燥機。

衛生面では食器洗い乾燥機が重宝します。手洗いよりも汚れがきれいに落ち布巾を使わずに乾かせるので、雑菌が繁殖しにくいのです。最新のタイプでは、お弁当箱や樹脂性のベビー用の食器を洗えるものもありますので、より安心して使えます。

浄水器でおいしいお水を

お子さまはもちろん、家族の毎日の飲み水やお料理に使う水は、安全なものを使いたいですね。でもミネラルウオーターを毎回買うのでは、費用も高く買いに行く手間も大変です。そこで最近は浄水器を取り入れるご家庭が増えてきました。水道水の有害な物質を減らしておいしい水に換え、蛇口をひねるだけと操作も簡単でとても便利です。より高性能なものには、お料理の味を引き立てるアルカリイオン水や弱酸性の水を作る整水器もあります。

イメージ イメージ イメージ

▲清水器と交換用カートリッジ。

オーブンがあれば手作りおやつができます

おやつは手作りで、とお考えの方なら、オーブン・レンジも検討してみてはいかがでしょう。お手製のクッキーやケーキにお子さまは大喜び。時には小さなお友達やママたちと一緒にティーパーティ、なんていうのも楽しいものです。食育とは、こんなところからはじまるのかもしれません。

  • イメージ
  • イメージ

▲人気のウォーターオーブン「ヘルシオ」も組み込めます。

  • イメージ▲1本の水栓で浄水機能付き。
  • イメージ▲お手持ちのオープンを組み入れる場合。

PAGE TOP