タイプ別おススメキッチン「お料理教室を自宅で開きたい!」

複数で作業ができるアイランドカウンターがぴったり

お料理好きが高じて家で料理教室を開きたい、そんな「サロネーゼ」に憧れる人も多いようです。機能的で素敵なキッチンにしておけば、いろいろなお料理が手際よくできて、生徒さんも通ってくるのがとても楽しみになるでしょう。
キッチンのスタイルはダイニングと一緒の空間なら「アイランド型」がおすすめ。中央の調理台を囲むようにして複数で作業ができるので、どの生徒さんも先生の手元をよく見ることができます。また、シンクとガスコンロは別々になっていたほうが、実際のお料理にとりかかった時に動線が重ならずにすみます。

  • イメージ
  • イメージ

▲左:アイランド型のキッチン。
右:ガスコンロは大きなお鍋も並べて使えるものが便利(写真はどちらも<センテナリオ>)。

スペースにゆとりがあれば、独立型のキッチンでもかまいません。この時もキッチンの中にアイランドカウンターを付けておけば、より使いやすくなるでしょう。
いずれにしても、キッチンの中に小さなミセスコーナーを設けておくと便利です。レシピ管理にパソコンは必需品ですし、生徒さんにその場で別のレシピをすぐにプリントアウトして渡すこともできます。上部には棚を吊って、お料理やお子さまの学校関係などいろいろな書類をまとめて整理しておきましょう。

  • イメージ

▲<センテナリオ>のクローゼット デスクタイプ。

加熱機器はガスが一般的。オーブンも必需品です

料理教室を開くなら、機器もこだわりをもって選びたいですね。例えばオーブンレンジは欠かせないものでしょう。洋風料理やお菓子、パン、ピザなど本格的なメニューを作ることができます。
コンロは「ガス」と「IHクッキングヒーター」の2種類があります。どちらかといえば今はまだガスのほうが一般的なので、どの生徒さんにもわかりやすく指導できるといえるでしょう。IHクッキングヒーターの設置をご希望なら、カセット型のガスコンロを別に用意しておくという手もあります。ガスコンロの場合、中華鍋が使えるので鍋を自在にあおれます。コンロは以前からある幅60cmタイプのほか、最近は75cmのワイドなものが出ていておすすめです。

  • イメージ▲人気のウォーターオーブン「ヘルシオ」ビルトインタイプがつけられる(写真は<ピット>)。
  • イメージ▲ガラストップ スタイリッシュタイプ。バーナーピッチが37cmと広め。

収納スペースは余裕をもたせておきましょう

お料理教室を開きたいと考えている方のご家庭には調理器具がたくさんあると思います。また、フードプロセッサーやミキサーなどの家電品をはじめ、食器の数も生徒さんの分までそろえることになるでしょう。すると、収納も大きめのものが必要になります。床から天井までの高さの壁面収納を、ぜひ取り入れておきましょう。最近では、人が中に入れるウォークインタイプのキャビネットもあり、かなりの収納量があります。この場合には、生徒さんのだれもが自由に出し入れできる位置に取り付ける、ということがポイントになります。

  • イメージ
  • イメージ

▲左:<センテナリオ>のスライディングクローゼット。
右:コーナークローゼット(ウォークインタイプ)。

冷凍冷蔵庫は、400リットル以上で6ドアタイプの大きめのものがおすすめ。または2台を置いて、材料の保管とできたものを入れておくスペースに分けて使うと、より便利です。

PAGE TOP