洗面化粧台リフォーム   はじめてリフォーム 知りたいコトがココにある

「娘が朝シャンするから大きな洗面台を欲しがってる」、「面倒だからいっそ二階にも洗面台を付けるか」などなど、リフォームのきっかけはご家庭ごとに異なります。
でも、「失敗したくない」という気持ちは同じはず。そのためには、まずごく基本的な知識を得ておおまかなリフォーム計画を立てましょう。ここでは、洗面空間について基本的な情報を提供します。

洗面化粧台の種類

洗面台は、歯磨きの場だけではなく、うがいや手洗いの場でもあります。

日本の住宅事情から考えると、洗面所は脱衣場と兼用で、当然浴室と繋がっていて洗濯機も同居することが多くなります。多様な性質を併せ持つことになりますが、にもかかわらずそれほど大きなスペースは確保できません。
朝の混雑が想像できそうです。できることならコンパクトなモノをもう1台、どこかに設置したいですね。
健康管理の視点から見ると、帰宅後すぐにうがいと手洗いを習慣づけるのに、洗面は玄関に近いところが良いとされています。また、ドレッサーとしても活用できるので、寝室やちょっとしたパブリックスペースにあると使い勝手は向上しますね。

一般的な洗面化粧台
収納たっぷりのシステム化された洗面化粧台。汎用性の高いスタンダードなタイプです。
コンパクトなセカンドタイプ 
ちょっとした空きスペースに設置できます。二階廊下や玄関脇など、水道の欲しい場所に手軽に設置できますね。
ニースペースタイプ
座ってのヘアセットやお化粧のできるタイプ。これなら洗面脱衣場が化粧室にもなります。
造作洗面台
シンク・カウンター・水栓金具を別々に選び、ジャストサイズに加工します。
ページトップへ

気持ち良く暮らすための機能

何よりも気にしたい収納力。

洗面まわり、特に脱衣場と兼用の場合は、タオル・石けん・予備の歯ブラシ・洗剤類・剃刀など細々とモノがいっぱい。大きな収納よりも小分けできる収納が望まれます。ですから優先させるべきは収納量ではなく収納力。どこに何があるかを判断しやすい整理できる収納が理想ですね。

これはもはや洗面できる化粧台
お化粧に配慮した収納機能は、洗面化粧台の用途を広げるアメニティです。
便利なスライドキャビネット
シンク下の収納は、上から取り出せるスライド式が便利。奥のモノを取り出す不便さが解消されます。
1台は欲しいトールキャビネット
タオル類や予備のシャンプーなどは大収納のキャビネットへ。
洗面化粧台にも節約機能知っておきたい洗面化粧台の機能。

節約は小さいことの積み重ね。洗面化粧台に求められる節約機能はミラー部分の照明。
あわせてゴミ取りも楽なモノを選びましょう。

照明はLEDを。
ゴミ取りも楽なモノがいいですね。
ページトップへ

洗面リフォームの手順

はじめてリフォームされる方にとって、洗面リフォームってどのように進めるのかは気になるところ。
実際にはリフォーム店からスケジュールの説明がありますが、計画時にはおおまかな工事の流れを掴んでおきましょう。

ページトップへ

洗面リフォーム計画の立て方

満足リフォームのコツは、お客さまとリフォーム店との共感

古いを新しいに、不便を便利に、確かにリフォームのきっかけではあるかも知れません。でも、ただ単に新しく便利になればそれで満足できるでしょうか。リフォームは、皆さまがイメージする新しい生活シーンを叶えるという目的とともに、現在抱えている住まいの不満、場合によっては暮らしの不満を解消するという役目も担っています。
そのため、リフォーム店はお客さまの普段の生活を知ろうと心掛けます。お客さまが自らの姿をしっかりとリフォーム店に伝え、リフォーム店がそれをしっかりと受け止めたなら、共感という満足リフォームの苗が芽生えます。
どこに頼もうとも、自分たちのことをしっかりと伝えられる事前準備を行いましょう。

現状の悩みをチェック
暗い、狭い、不便など、リフォーム計画につきものの悩みはもちろんですが、家族がよく水をこぼすとか、掃除がしにくいなど、不満のあるところ、使用に際しての問題点などをすべてチェックしましょう。
リフォームとは、家を新しくするだけでなく、心も明るく軽くするものですから。
家族の希望をまとめる
不満・悩み解消に加えて、どのように使いたいのかを家族全員で話し合います。
「家族2人ずつ横並びで鏡を見ながら歯を磨きたい」など、その希望に沿ったイメージを家族で共有してください。そのイメージがリフォームプランの基になります。
希望の理由をまとめる
なぜそのように希望するのかの理由もまとめておきましょう。リフォーム店は、その理由を知ることで、もっと適切で低コストで思いもよらない素晴らしいプランを提案してくれることもあります。
おおまかに予算を組む
工事費用は非常にシビアで難しい問題ですが、いくらかかるのかではなく、いくらまでなら出せるのかを計算し、費用の上限を決めておきましょう。
※工事費用は、機器のグレードやオプション、住まいの現状によって大きく異なるため、いちがいにどのくらいかかるのかをここでお伝えすることができません。
リフォーム店を探す
準備が整ったら、リフォーム店探し。
LIXILリフォームネットの「リフォーム店を探す」へGO
ページトップへ