遠藤邸耐震改修工事 一戸建て

自然素材/耐震

お施主様が地震に不安だったため、耐震診断を行い、補強工事を行いました。今回は外壁にもクラックが入っていたため既存の外壁を撤去し、外部から補強工事を行いました。その後、外構工事も一緒に行いました。

遠藤邸耐震改修工事
リフォーム部位 外壁・屋根/一戸建て
こだわり 自然素材/耐震
工期 75日
総工費 450万円
リフォーム面積 116m2
家族構成 夫婦2人、子供2人
所在地 岩手県盛岡市高松
建築年数 12年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

(有)岩井沢工務所

〒020-0015岩手県盛岡市本町通1−15−29

耐震改修工事

図面と現場調査から耐震診断し、どこをどのように補強するのか、補強計画を作成します。それを元に工事に掛かります。今回の工事は外部からの耐震補強工事です。

お施主様の声

以前は地震が来るたび不安でしたが計画的に耐震補強し、補強部分も見ることができ安心して暮らせるようになりました。安心したら他にもいろいろ直したくなりました。

外壁・屋根

  • Before

    外壁・屋根

    外壁は施工前は地震に対する耐力不足のため揺れによってクラックがあちこちに入っていました。盛岡は冬の寒さが厳しいのでそのクラックが凍害を起こす危険もありました。

  • After

    外壁・屋根

    耐震補強工事を行ったので、揺れによるクラックも心配要りません。また、使用した外壁材は金属サイディングを採用し、断熱対策、凍害対策も万全にしました。

リビング

  • Before

    リビング

    以前は地震の揺れで家の内部の壁にもクラックが入っていました。揺れで下地の石膏ボードが動き、クロスが継ぎ目に沿ってヒビ割れしていました。

  • After

    リビング

    補強工事で揺れを抑えますので今後はヒビは入りにくくなります。今回はクロスを貼り替え、栗の羽目板を張りました。安心して内装もリフォームできます。

外構・エクステリア

  • Before

    外構・エクステリア

    リフォーム前は草が生え放題、鉢植えも整理できていませんでした。バーベキューできるような庭にしたいとの希望でした。

  • After

    外構・エクステリア

    ウッドデッキはJRの鉄橋枕木を使用しました。屋根の木材は古民家の梁を使用し、日の光が差し込むように一部を透明の屋根材を使用しています。濃い色の木材がいい雰囲気を作り出します。

1F 耐震補強工事 面材による耐力アップ

1F 耐震補強工事 面材による耐力アップ

施工計画で1Fの壁はかなりの補強が必要でした。そのためダイライトという高耐力構造面材を1Fの壁に打ち付けていきます。写真はその様子です。このダイライト、火事にも強いという優れものです。

2F 耐震補強工事 金物による筋交い補強

2F 耐震補強工事 金物による筋交い補強

施工計画で2Fの壁は大きな補強は必要ありませんでした。そのため、補強金物のみの工事としました。この金物は地震時に筋交いの強さを長時間持たせ、破壊しにくくします。

屋根裏断熱材施工

屋根裏断熱材施工

10年以上前の建物で断熱性が今の建物より劣っていました。そのため今回の工事でついでに屋根裏の断熱材を増やしました。以前は100mmでしたが、もう100mm増やしました。

玄関前アプローチ

玄関前アプローチ

玄関前のアプローチもつくり直しました。駅に敷いてあった切石を並べ、奥への犬走りは枕木を敷き詰めました。思わずガーデニングしたくなるそんな外構工事を心がけています。

リフォーム店

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。