玉川上水マンション 中元礼子 マンション

収納と広く感じる空間へのリフォーム

和室のリフォーム。押入れの内部を整理しやすくし、出入り口や障子入りの窓の雰囲気も変えました。畳もヘリ無へ取り替え。リビングとの続きの空間が広がりました。

玉川上水マンション 中元礼子
リフォーム部位 和室/マンション
こだわり 収納と広く感じる空間へのリフォーム
工期 6日
総工費 100万円
リフォーム面積 10m2
家族構成 3
所在地 東京都東大和市桜ケ丘
建築年数 8年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

(株)アールインテリア

〒160-0015東京都新宿区大京町10−5 1F

リビングと和室との間の壁と建具の撤去

建具は2枚の方引きの戸襖で、引き残しの壁が全体の半分ありました。

すべて開口にして3枚引き戸へ

引き残しの壁は撤去することで、3枚引き戸は状況に応じて右側へも左側へも寄せられ、今までの開口よりも広くなりました。とても広く感じます。

収納

  • Before

    収納

    押入れを改装しました。建具は3連シンクロ引き戸。 内部は中仕切りを建て、右は押入れ左は可動の棚収納です。

  • After

    収納

    今まで入っていた物もすべて収まり、さらに整理がしやすくなりました・との事でした。 開口部の引き戸が天井までの3枚引き戸の為、出し入れがしやすくなったのもうれしいです。との事。

和室

  • Before

    和室

    障子を撤去し枠はシートラッピング。 障子が入っていた枠の奥行き170ミリも、空間を広く見せてくれます。

  • After

    和室

    枠を他の建具や枠と同じようにホワイトにした事で、和室というより、リビングの続きの間の様で、全体に広く見えます。カーテンもリビングと同じにし、さらに統一した空間を感じます。

和室

  • Before

    和室

    畳はヘリ無12枚へ取り替え

  • After

    和室

    広く感じる物ですねとお客様も初めての挑戦に満足されていました。

内部の間仕切り

内部の間仕切り

天袋は取って、床から天井までを大きく開口。
内部で間仕切りました。
左の可動の棚板は奥行きがあるので、前後2枚の同じ大きさにしてあります。前後も上下も自由です。

枠のシートラッピング

枠のシートラッピング

押入れ収納と和室出入り口建具に合わせて、元の和室の障子入り木枠をホワイトにラッピングしました。それにより和室というより、リビングの続きの畳コーナーという雰囲気になりました。広く感じます。

リフォーム店

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。