市内ホテル内和食料亭 店舗

自然素材

既存客間の間仕切の依頼で、「食事中の室内が丸見えな所を改善してほしい。」と言うのがお客様の依頼でした。和風客室間仕切にすだれ式ロールスクリーンを使用し、格子のパーテーションに和紙調の「ワーロン」を貼り、完全に視界を遮るのではなく客室の雰囲気が『おぼろげに透ける感』が出るように心がけました。

市内ホテル内和食料亭
リフォーム部位 その他/店舗
こだわり 自然素材
工期 1日
総工費 15万円
リフォーム面積 5m2
所在地 鹿児島県鹿児島市樋之口町

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

Sarumari

〒891-0105鹿児島県鹿児島市中山町317

『おぼろげ感』

もともとの内装が高級な和風で仕上がっており、その雰囲気を出来るだけ無くさないように、仕上ました。

お客様の感想「この まろ感 がいいね!

仕上がりの感想で、お客様から「この まろ(お歯黒?)感がいいね。」と喜んでいただきました。早速完成後、この客室でなべ会に招待していただきました。

和室

  • Before

    和室

    美しい和風の雰囲気があり、こだわりの内装でした。 それだけに、室内が通路から丸見えで、室内のお客様からは、外の視線が気になるところでした。

  • After

    和室

    既存の雰囲気がしっかり出来ていたため、それを壊すこと無く、配膳が行い易くなるようにロールスクリーン式の「すだれ」を採用し、筒抜けの格子には破れない障子紙「ワーロン」を貼りました。

玄関

  • Before

    玄関

    レジ後の壁に3ヶ所くりぬきの装飾壁があり、そこからレジ室が丸見えでした。

  • After

    玄関

    あまった「ワーロン」を使いお手製の目隠しパーテーションを作成、一つずつ施工しました。

仕切ることなく、仕切る!

仕切ることなく、仕切る!

高級感のある料亭なので、外観も考えながら配膳の際の使い勝手もこなさないといけなかったので、少し価格は高くなりましたが、すだれ式のロールスクリーンを使わせていただきました。

余った材料で。

余った材料で。

全てお手製これが一番時間がかかりました。施工後も想像以上に綺麗だったので、安心しました。

リフォーム店

この店舗の他の事例を見る

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。