M様邸 担当:森江 一戸建て

防犯/バリアフリー/介護/省エネ/耐震/ヒートショック対策

築100年以上の古民家の本宅、離れ、蔵をつなぐ廊下部分と、バスルーム、洗面、トイレ等をほぼスケルトンの状態で大胆にリノベーション。
本宅、離れ、蔵、それぞれ異なる時期に建てられた部分を約30年前につなぎ合せた際にバスルーム、トイレ、洗面などをリフォームした建物を、今回改めて、基礎(耐震)、断熱、防蟻工事も合わせて、水回り(含む配管)等の内部を30年ぶりに大リフォーム。

M様邸 担当:森江
リフォーム部位 浴室/一戸建て
こだわり 防犯/バリアフリー/介護/省エネ/耐震/ヒートショック対策
工期 30日
総工費 800万円
リフォーム面積 50m2
家族構成 一人暮らし
所在地 滋賀県大津市
建築年数 110年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

共和木材工業(株)

〒520-0105滋賀県大津市下阪本1−43−15

ヒートショック対策「あたたかいお風呂」

従来の在来工法風呂の寒さ(ヒートショック)対策から、ユニットバスで従来と同じ広さを確保しつつ床は洗面脱衣場と同じ冷たさを感じにくいタイルを選択し、足の裏で感じる温度差を無くすように配慮しました。

洗面所の集約「2か所⇒1か所」

廊下と脱衣場の2か所にあった洗面化粧台を一つに統合。三面鏡や大容量の収納を確保しつつ、自動水栓やLED照明、冷暖房設備、タオルウォーマー等の最新装備を盛り込み夏冬にも快適に過ごせるようにしました。

浴室

  • Before

    浴室

    タイル張りで出窓が大きな、従来の在来工法風呂の冬の寒さを解消し、ヒートショック対策を徹底しました。今後の介護にも対応しやすい、従来通りの広さとバリアフリーにも配慮しました。

  • After

    浴室

    お風呂には最新の「肩湯」機能も取り入れました。窓は縦長の窓を2つ並べて(ウィンド・キャッチ・ウィンドウ)、換気効率を高める工夫もしました。床にはヒヤッと感じないサーモタイル仕上げとしました。

トイレ

  • Before

    トイレ

    元々メイントイレと男子トイレは別々の間取りであったものを、家族の減少に伴う、男子トイレの使用頻度減少を勘案して一部屋に一体化。扉はすべて幅広の引き戸とし、バリアフリーにも配慮しました。

  • After

    トイレ

    天井は勾配天井として高く開放感を出し、3面はエコカラットで消臭・調湿効果を持たせ、カウンターの壁は横長鏡とモザイクタイルで奥行感を演出。床は木質調の長版タイルとモザイクタイルで仕上げました。

洗面

  • Before

    洗面

    家族減少に伴い、廊下と脱衣場の2か所にあった洗面化粧台を一つに統合しました。

  • After

    洗面

    三面鏡や大容量の収納を確保しつつ、自動水栓やLED照明、冷暖房設備、タオルウォーマー等の最新装備を盛り込み、総タイル仕上げのご希望を受け、床にはサーモタイルを貼り夏冬にも快適に過ごせるようにしました。

廊下を大胆に「和」のリノベーション@

廊下を大胆に「和」のリノベーション@

「蔵」や「離れ」の入口、解体時に現れた梁等、元々建物の持つ和のテイストに、中庭の景色を取り込みつつ、ブラックチェリーの突板床材やハイタイプの引き戸、杉柄の収納扉等、上質な建材を絶妙に配置しました。

廊下を大胆に「和」のリノベーションA

廊下を大胆に「和」のリノベーションA

職人の技で従来の縦の梁に横の付け飾り梁を渡し、間接照明で空間を立体的にデザイン。壁には和紙クロス、聚楽壁、障子を取り入れ、和の雰囲気を活かしながら、効率的に収納や洗い場を設けて、使い勝手にも配慮。

信楽焼の手洗い鉢

信楽焼の手洗い鉢

アクセントの信楽焼の手洗い鉢や古材を再利用した欅のカウンターを設け、まるで高級和風旅館のような上品で華のある設えとしました。

月明り窓を聚楽壁+障子で演出

月明り窓を聚楽壁+障子で演出

壁はクロス貼りを聚楽壁に替え、引き込みの障子を入れることで、庭の雰囲気と相まって和の趣を強調しています。

空きスペースは全て収納スペースに有効活用

空きスペースは全て収納スペースに有効活用

空き空間はすべて収納スペースとして活用しました。また廊下には職人がサイズを合わせて作った一枚板のカウンターと格子扉の収納BOXを配置しました。

この施工店の他の事例

この店舗の他の事例を見る

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。