M邸(豊橋市) 一戸建て

耐震

水廻の改修工事をする事がきっかけで、築100年の旧家を大災害から救うことのできた究極の施工例です。

M邸(豊橋市)
リフォーム部位 キッチン/一戸建て
こだわり 耐震
工期 40日
総工費 550万円
リフォーム面積 52m2
家族構成 6人(二世帯同居)
所在地 愛知県豊橋市
建築年数 100年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

(有)ゼンオウ建工

〒441-1105愛知県豊橋市石巻平野町字上郷45−4

お客様の一言が、家の致命傷を発見!

代々に渡って何度か手を入れた家ですがせっかく直すなら天井をもう少し高くして欲しい。この要望に応えるべく梁が見えるまで解体したところ、見た目はなんとも無い梁がスカスカ状態。手でむしれる様な状態でした。

見つかって本当によかった。

水廻は高額な費用がかかる事はわかっていましたが、せっかくお金を出して直しても地震で倒れてしまっては・・・。今回、発見できて本当にラッキーでした。

キッチン

  • Before

    キッチン

    場所が広い為に、あちこちに乱雑に散らかってしまうキッチン。 収納を考えた使いやすいキッチンが理想です。

  • After

    キッチン

    キッチンと同等の部材を使用した収納棚や食器棚を組み込むことにより、見た目もバランスのとれたデザインになりました。 中を確認しやすいため今までの様に積み置きにならず不要な買い物をしなくなったそうです。

その他

  • Before

    その他

    今は、ほとんど使っていない土間の出入り口は、段差があるためつまずいて落ちる危険性があり、またすきま風が入るため冬はとても寒い状態。

  • After

    その他

    掃き出し窓を撤去し、腰壁をつけ引き違い窓を明かり取りと、夏の採風用に取付ました。土間部分は床を張り安心して暮らせるようになりました。

玄関

  • Before

    玄関

    玄関を入ると、散らかりやすいキッチンの状態が、第三者にすぐ見られてしまいプライバシーの確保が難しい。

  • After

    玄関

    腰壁を付けた事により奥にあるキッチンをしっかり区分けできるようになった。 昔と、今は暮らしも、考え方も違いますからね。

見た目ではほとんどわからないけど

見た目ではほとんどわからないけど

これが、発砲スチロール状態の梁です。3寸釘が金づちを使わず、人差し指で押し込めます。 〜みんなで、ぞー!っとしました。〜

柱が消えていました。

柱が消えていました。

在来工法の浴室はほとんどが周囲の木材が腐食していますが、これは、かなりひどい状態でした。

梁を補強しました。

梁を補強しました。

3寸の厚みの梁を両面から補強し、上部の荷重を支える様金物接合しました。

柱を取替ました。

柱を取替ました。

数カ所の柱を取替や、添え柱し補強しました。

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。