K.H邸  木造伝統工法 

下水工事、水廻りのアプローチをバリアフリーにした

京都らしい町屋の建物でしたが、色々と不便な事を感じており、リフォームに踏み切られました。
台所は、高い天井を使い開放的なキッチンへと生まれ変わりました。

K.H邸
リフォーム部位 キッチン/ 木造伝統工法 
こだわり 下水工事、水廻りのアプローチをバリアフリーにした
工期 60日
リフォーム面積 95m2
家族構成 2人
所在地 京都府京都市左京区
建築年数 90年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

株式会社 リフォー夢プラザ

〒607-8256京都府京都市山科区小野荘司町13−11

町家の改装工事という事で趣はありましたが、便所、浴室内、外部からのアプローチとなっており、また台所も土間に設置してあり、今回リフォーム工事に踏み切られました。

趣も残しつつ、生活がしやすいように便所、キッチン、浴室との動線をバリアフリーにした事により、毎日の生活の負担が軽減したと喜んでおられました。

キッチン

  • Before

    キッチン

    キッチン自体も大変老朽化が進んでおり、冬の土間の床は大変寒くお掃除も苦痛とお聞きしたので、土間だった床をフロアーにするために床を少しあげ、リクシル商品シエラを設けるようプランを提出致しました。

  • After

    キッチン

    施工後は大変喜んで頂き、寒さも軽減され、何より土間とお部屋と上り下りがなくなっただけでもすごく楽になったと言って頂けました。天井の高さも生かした設計は喜んで頂き、私共も大変嬉しい限りでした。

トイレ

  • Before

    トイレ

    汲取式のトイレでしたので、水栓トイレ式に切替え、ウォシュレット付きの暖房便座にする事を提案しました。お客様もその方が楽とおっしゃいましたので今回施工する運びとなりました。(リクシルのベーシア使用)

  • After

    トイレ

    お客様にとっても念願の水栓トイレでしたので、今まで汲取式のトイレは和式で使い勝手も悪く、ウォシュレットもなく不便なうえに衛生的にもあまりよくありません。お客様もその事は重々承知なので喜んで頂きました。

この店舗の他の事例を見る

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。