S.Y邸  木造2階建 

バリアフリー

ご主人のお母様が高齢になり一緒に住む事となりましたので、工事に踏み切られました。
お母様のために1階にバリアフリーで動きのとりやすいお部屋を確保するのが第一優先でした。
建物としては間口が狭かったので間仕切り壁をできるだけ設けず広い空間作りを心掛けました。

S.Y邸
リフォーム部位 全面改装・増築/ 木造2階建 
こだわり バリアフリー
工期 60日
家族構成 2人
所在地 京都府京都市伏見区深草
建築年数 35年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

株式会社 リフォー夢プラザ

〒607-8256京都府京都市山科区小野荘司町13−11

建物自体の間口が狭く、洗面所に行く為にはお母様の部屋を通る事となり、また廊下を作ってしまうと居室が狭くなるという状態でした。水廻りを移設すると費用がかさみ、予算を越えてしまいましたので、水廻りの位置は変えず、お母様の部屋にアコーディオンカーテン収納建具を設置しました。

母親が就寝する際にはそれらを閉め、プライバシーを確保できる状態とし、常にそれらを開けたい広い空間で利用できるというフレキシブルな仕様にしました。

トイレ

  • Before

    トイレ

    既存が和式便器で、高齢の母親の負担軽減もありますが、ご主人も年々負担に感じておりました。 また、掃除しやすさの観点から便器もウォシュレット一体型とし、便座ソフトアップ機能なども取り入れました。

  • After

    トイレ

    和式から洋式に変更した事により、立ち上がりの動作の軽蔑や夜間にトイレに行く際も安全でやりやすくなったと喜んで頂きました。

キッチン

  • Before

    キッチン

    間口の狭い建物で、出来るだけ広い空間を確保する事も要望として上がっており、既存のキッチンが開き扉の単体キッチンで収納スペースが少なくなっておりましたので、収納量の上がるスライド式をご提案致しました。

  • After

    キッチン

    スライド式を設置した事により、鍋、キッチン用品の他に食器類も収納でき、使わない食器を処分した事もありますが、食器棚が不要となり、その分スペースを有効利用できました。

浴室

  • Before

    浴室

    タイル浴室という事で入口またぎが腐敗しており、構造的な部分の不定をもっておられました。 将来的な事を考慮し、漏水の染み込みのないユニットバスを設置する事を提案しました。

  • After

    浴室

    土台の腐敗と解体時判明した柱の腐敗部分の補修をし、ユニットバスを設置、今後漏水の染み込みがないという事をご覧になって安心して頂きました。 入浴後、タイル浴室より暖かく快適になったと喜んで頂きました。

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。