招福の間 一戸建て

自然素材

築116年、和室ばかりの広いお屋敷で、生活動線から外れた土間をリモデル。ノスタルジックな洋館をイメージし、この家を支え続けてきた柱や梁を主役にした初の洋間、隣接する洋間との大きな高低差と空間の区切りをスキップフロアに

招福の間
リフォーム部位 リビング/一戸建て
こだわり 自然素材
工期 20日
総工費 300万円
リフォーム面積 38m2
家族構成 4人
所在地 熊本県八代市長田町
建築年数 116年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

(株)タキガワ

〒866-0851熊本県八代市毘舎丸町6−19

リビング

  • Before

    リビング

    農家の家の土間部分を、お客様と一緒に過ごす洋間にリフォームしてほしいとの要望でした。

  • After

    リビング

    大きな梁や柱をみせて、壁は漆喰。くつろげる 大人の空間になりました。

トイレ

  • Before

    トイレ

  • After

    トイレ

    和式トイレだった頃には得られなかったゆったりとくつろげるトイレに完成。天井の大きな梁は洋室から続いているもので、空間のアクセントになりました。

昭和初期の柱時計

昭和初期の柱時計

この古時計は、解体時に偶然見付かった柱時計です。
『この時計のネジ回しが仕事だった』と微笑むお施主様へ、修理してプレゼントさせて頂き、また新しい時を刻んでいます。

リフォーム店

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。