M様邸 担当者:カーサ・エムプラス-伊藤 一戸建て

高気密・高断熱/耐震

経年劣化で苔むしたスレート屋根の改修
耐震性と耐久性を考慮した材料選定と施工方法

M様邸 担当者:カーサ・エムプラス-伊藤
リフォーム部位 外壁・屋根/一戸建て
こだわり 高気密・高断熱/耐震
工期 11日
所在地 愛知県豊田市
建築年数 27年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

カーサ・エムプラス(株)

〒465-0084愛知県名古屋市名東区西里町2−2−3 西里マンション1F

施工ポイント

アスベストの関係で撤去処分は得策でないと判断して、カバー構法を選択。
屋根材の重量による耐震性への影響を少なくするため、金属系断熱屋根材とし、耐用年数を考えて高耐食フッ素鋼板の屋根材仕上げとしました。

外壁・屋根

  • Before

    外壁・屋根

    工事前全景

  • After

    外壁・屋根

    屋根をブラックに変えたことで、見た目の印象も締まって見えます。

外壁・屋根

  • Before

    外壁・屋根

    雨漏りなどはないが、劣化が進んだスレート屋根 全体にコケも目立ち、表面のチョーキングもありました。

  • After

    外壁・屋根

    鋼板のシャープな見た目と、水切れの良さは申し分なし。 こうなら年数が経ってもコケが付くこともないでしょう。

外壁・屋根

  • Before

    外壁・屋根

    既設の樋

  • After

    外壁・屋根

    屋根と同時に軒樋、竪樋も交換

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。