佐久市 Y様邸 担当:吉澤正憲 一戸建て

高気密・高断熱

佐久市 Y様邸 担当:吉澤正憲
リフォーム部位 全面改装・増築/一戸建て
こだわり 高気密・高断熱
工期 20日
総工費 450万円
リフォーム面積 26m2
家族構成 2名(夫、妻)
所在地 長野県佐久市
建築年数 35年

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

太陽リビング(株)

〒389-0515長野県東御市常田444−27

施工のポイント

壁、床、天井全てを解体し高性能断熱材、そしてLOW-EのPGサッシに交換することで断熱性と気密性を上げました。入口のドアも引戸に替え利用して間接照明を入れたニッチを設けたり、階段下の空間もデスクや棚を設けました。2人住まいの為、キッチンはローカウンタータイプを採用しの空間を朝食等はここで済ませます。

お客様の声

あこがれの対面キッチンが実現しました。冬は暖かく夏は風通しも良く1年通して快適です。そんな広々リビングに子供や孫が一同に集まる空間ができてとっても嬉しいです。夜になると照明の演出で一層引き立ち、毎日食後の落ち着いた癒しのひと時を過ごしています。

キッチン

  • Before

    キッチン

    広々したLDKですが、寒さのせいか生活スペースは隣の和室になっており、リビングが生かされておりませんでした。

  • After

    キッチン

    断熱改修の成果もあり広くても暖かい住みやすいLDKに。 快適で毎日安らげる空間。 そして家族が集えるスペースに生まれ変わりました。

リビング

  • Before

    リビング

    壁際に設置のL型キッチン。 LDKの入口は開き扉でした。 勝手口の奥は納戸があり納戸の窓から通風できますが、勝手口ドアには採風だけでなく採光もなかったため開放すると納戸の中が見えてしまいます。

  • After

    リビング

    ローカウンターの対面キッチン。 日頃の朝食はここで済ませます。 テレビに背を向けるため、キッチン脇には小型のテレビも設置しました。採風勝手口が光と風を通します。

リビング

  • Before

    リビング

    元々、壁厚の空間を利用した棚やニッチは設けられていました。

  • After

    リビング

    壁厚の空間や階段下をより利用し、間接照明を利用すことで演出効果のあるアクセントへ。 夜は統一感ある色合いが一層引き立ちます。 素材感のある落ち着いた色のDフロアも足元からの高級感を高めています

リシェル

リシェル

あこがれの対面キッチン。
吊戸棚のないオープンキッチンは家族が集まった時に調理中から団欒のひとときを過ごせます。
明るく見せる為、扉はホワイトに。

タスボックス&エコカラット

タスボックス&エコカラット

タスボックスで固定式のテレビ収納とすることで、既成のテレビ台にない落ち着きと部屋のアクセントがでました。
間接照明とエコカラットの演出が効果的です。

収納

収納

「クリエモカ」の集成カウンターで棚とPCデスクを造作。
PCデスクは階段下収納を利用し、棚よりも奥行がとれました。
奥に間接照明を入れています。

間接照明@

間接照明@

テレビ台の吊戸棚は写真を飾るスペースとして利用。
窓材で製作した照明隠しで間接照明にしました。
エコカラットを照らします。

間接照明A

間接照明A

戸境壁の空間を利用して設けた棚は趣味の写真やステンドグラスを飾るスペースとなり、その下のPCデスク上部の間接照明が空間を演出しています。

施工前

施工前

L型キッチンが壁側に設置。
26u。
右が玄関側、左が和室側。
LDKの入口は開き戸でした。
リビング側は居住スペースとして長年使っておりませんでした。

施工後

施工後

対面キッチンに。
テレビ台を設け、壁厚を利用した収納など、居住スペースとして再生しました。
西側の縦すべりの小窓が採光と採風に大きな役割を果たしています。

リフォーム店

リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。