糸島市 屋根材葺き替え工事 一戸建て

劣化した屋根材を下地ルーフィングからやり替えて、雨漏れ被害をくい止める。

糸島市 屋根材葺き替え工事
リフォーム部位 外壁・屋根/一戸建て
所在地 福岡県糸島市

私たちがリフォームしました!

リフォーム店

(株)ZACC 〜ORIGINAL建築工房〜

〒811-3114福岡県古賀市舞の里4丁目4-28

屋根材葺き替え工事

古くなった屋根材や屋根下地材を撤去し、新しくやり替えました。

外壁・屋根

  • Before

    外壁・屋根

    1階部分が雨漏れの被害に遭われていました。

  • After

    外壁・屋根

    屋根下地材(ルーフィング)の張り替え、屋根材(コロニアル)の葺き替えで雨漏れがなくなりました。

古瓦撤去後

古瓦撤去後

古瓦(コロニアル)を撤去してみると、屋根下地材の防水シート(下地ルーフィング)はかなり劣化し、所どころ破れている状況でした。
下地ルーフィングの劣化が雨漏れの原因になっていました。

屋根下地材(ルーフィング)の役割

屋根下地材(ルーフィング)の役割

屋根を雨水や湿気から守る防水シートです。
大雨や台風時の横殴りの雨などの場合、屋根瓦(一次防水)のみでは防げなかった雨水は、ルーフィング(二次防水)で防ぎます。

下地ルーフィング張り(上下100mm)

下地ルーフィング張り(上下100mm)

防水シートは水下から水上に向かって張っていきます。
上下の防水シートの重ね合わせ幅は100mm以上です。

(※写真は、上のシートをめくった状態)

下地ルーフィング張り(左右200mm)

下地ルーフィング張り(左右200mm)

左右の防水シートの重ね合わせ幅は200mm以上を確保します。

屋根材(コロニアル)施工

屋根材(コロニアル)施工

屋根材も水下から水上に向かって施工していきます。

リフォーム店

(株)ZACC  〜ORIGINAL建築工房〜

(株)ZACC 〜ORIGINAL建築工房〜


リフォーム工事 ミニアドバイス

どのようにリフォームして、どのような住まいにするか。あなたの理想は見つかりましたか?
ここでは、夢を見つけるための“気付き”や、考え方の“きっかけ”になるようなアイデアをご提供します。