キッチンのインテリア「効果的な照明」

天井灯と手元を照らすスポットライトを組み合わせて

快適に安全に作業をするには、どんな照明器具を選ぶかも大切なポイント。部屋全体を明るくするために天井に付ける照明と、手元を集中して照らす照明の2種類を組み合わせると効果的です。
手元の照明は吊戸棚の下に付け、細長いタイプや2つのランプを設置できるタイプなどがあります。最近は、軽い力で収納庫が上げ下げできる昇降式の吊戸棚も広く利用されていますが、こうした収納にも、あらかじめ照明が組み込まれています。そのほか、シンクや作業スペース、コンロの方向など、ほしいところに光の向きを変えられるスポットライトも使ってみると、とても役立ちますよ。

  • イメージ
  • イメージ

▲寿命の長いインバータータイプ(左)やコンパクトタイプ(右)などがオプションで選べます。

  • イメージ
  • イメージ

▲(右)ワンタッチで昇降するオートダウンウォールにも照明が組み込まれています(写真は<センテナリオ>)
(左)新しくなった<ピット>のクイックポケット照明付きタイプ。

お好みと経済性を考えて、蛍光灯と白熱灯を選びましょう

明かりには蛍光灯と白熱灯があります。蛍光灯は白っぽい光が特徴で、部屋全体をしっかりと明るく見せ、寿命が長く経済的な明かりです。一方、ソフトな雰囲気づくりをしたいなら、オレンジ色がかった穏やかな光の白熱灯がおすすめ。オープンスタイルのキッチンでは、部屋全体に白熱灯を用いるケースも多いようです。また最近では、両方のよさをミックスした、白熱灯のような色味の蛍光灯も出ています。インテリアやお好み、経済性を考えながら選んでみましょう。

照明器具にこだわって、お洒落な空間を演出

イメージ▲ブルーのイルミネーションでキッチンを演出するマントル(R)フードイルミネートタイプ。

オープンスタイルのキッチンでは、ダイニングやリビングとのコーディネーションを素敵にしたいですね。そこで例えば、壁に付けるブラケット照明をリビングとおそろいで設置したり、複数の小さなペンダントライトをカウンターの上から吊り下げてカフェ風にしつらえたり。あかりをつけると、ブルーのイルミネーションが光る幻想的なデザインのレンジフードなどもあります。

PAGE TOP