キッチンの収納「キッチン収納の基本」

使いやすい収納を作るための3つのポイント

キッチンには調理器具や食器、家電、食品など、たくさんのものが集まります。しっかりしまえて、取り出しやすい。そんな収納スペースを作りたいものです。ここでは、何を、どこに、どんな風にしまっておいたら使い勝手がいいか、キッチン収納の3つのポイントをご紹介します。

1.使うものは使う場所の近くに

調理スペースのキャビネットには下ごしらえに必要なバットや計量器などを、そしてコンロの近くにはお鍋やフライパン、スパイス類を収納します。そうすることで、必要な物がほしい時にすぐ手にとれて、スピーディに調理できます。食事の時に使う調味料や雑貨は、ダイニングテーブルの近くにしまうと便利です。

2.よく使うものは取り出しやすい状態でしまう

ボウルやザルは扉の中にしまい込まずに、オープンな棚に置くのもいいでしょう。手にとりやすく、水気も乾かせます。お玉やフライ返しは、壁のパイプに吊るし、インテリアの一部にしてしまう方法もあります。「ドアポケット」がついたLIXILのキッチンなら、使い終わったら見えないところにしまうことができて、出した状態と同じように手軽に出し入れできます。場所をとりやすい家電は、あらかじめ専用のスペースを設け、コンセントを付けておくと収まりがよくなります。

3.小さくても食品庫をとりましょう

買い置きの食品や雑貨をまとめてしまえる食品庫があると、キッチンの中がすっきりと片付きます。大きなものでなくても、上から下まで使えるトールキャビネットがおすすめ。扉を開けて全体が見渡せるつくりならば、管理しやすくムダなものが増えません。重たい物や保存食品のために、床下収納を設けておくのもいいでしょう。

システムキッチンで、理想的な収納を実現

システムキッチンのキャビネットはとても機能的にできています。システムキッチンを取り入れれば、紹介した3つのポイントをそのまま実践することができます。フロアキャビネット、吊戸棚、トールキャビネットなどの種類があり、それぞれのサイズや内部のパーツのバリエーションが豊富にそろっています。上手に組み合わせて、わが家流に使いやすいキッチンを工夫しましょう。

PAGE TOP